「もうどうでもいい」と思う気持ち

好きだった風俗嬢と会えなくなって1ヶ月以上が過ぎた。

少しずつ気持ちの整理がついてきているようなついてないような、よくわからない感じでずっと「もうどうでもいいや」と思う気持ちが出てくる。

生きがいを失ったような感覚で死んだように生きているのかなって思ってしまう。

でも、日常は仕事もあるし家庭もあるしで頑張らないといけなくて。

言い訳にしているのかなと思うところもあるけど、どうしても「あの子に会えないなら生きていても仕方ないか」と思ってしまう自分がいる。

はぁ、情けない…

好きだと言わなかったことも、友達としての関係を求めなかったのもそれでよかったと思える。

あのまま関係が続いたとしたらただただお金をムダに消費するだけだっただろう。

だから、「これでよかった」と思いたいのに未練があるのかな。

何かずっとしっくりこない感じが消えなくて。

彼女は彼女で切り替えて違う道に進んでいることもわかるから、俺は俺で進んでいかなきゃって思うのに気持ちがついてこない。

半年、1年と経過すれば忘れていくことができるのかな。

今はまだ時間が立っていないから仕方ないかと思いつつ、ただ仕事もやらないとやばい状態なので何とか切り替えたい。

コメント

  1. じお より:

    すっごく共感しています。文章の表現力も素晴らしく敬服します。
    私も同様な状況で苦しくコメントさせていただきました。焦燥というんでしょうか、とにかく辛いです。得られるものとのバランスが全く取れていないのにと思います。忘れたいけど忘れられません。別の趣味をとかいろいろネット上にはありますが、それは無理かと。ただ時間が解決するしかないのでしょうか?その時間も地獄のようです。事業主さんはどのようにその時間を乗り越えていかれてるのでしょうか?何か内服したいくらいです。駄文失礼しました。

    • 孤独な個人事業主 より:

      コメントありがとうございます。

      表現力ありますかね?そう言っていただけると嬉しいですけど(笑)

      時間の経過は大事やと思います。
      僕も地獄のような日々を1年以上過ごしました。

      ただ、耐えかねるときもあったのでブログに書きなぐっていたわけです。
      誰にも話せないことなので思いのたけを書いてみるのはいいと思います。

      あとは他の女性に意識を向けることです。
      普通のマッサージとか、メンズエステとか、女性とかかわりを持つことで緩和するのはありました。
      僕は既婚者で無理でしたけどもし可能ならコンパ、マッチングアプリとかで出会いを求めていくのもありやと思います。

タイトルとURLをコピーしました